知識創発とは

知識創発研究所は、学習コミュニティの設計、構築、マネジメントの手法を開発し提供する企業です。
学習コミュニティとは

1. 人が学び、それによって行動をその人にとってよりよいものに変えられるようにするための仕組み
2. 多様な知の交換を通して、より高次な知が生まれる仕組み

が組み込まれた社会集団です。

 

一つ目の仕組みとしては、「探査型の推論」を、二つ目の仕組みとしては「知識創発のメカニズム」を採用しています。
「探査型の推論」は、自然科学の研究者の思考プロセスをもとにした手法です。
既存の知識で説明がつかない事象に対して、制約条件の設定、課題化、仮説設定、検証、修正を繰り返すことで、その事象を説明する最適なモデルを構築するものです。
思考のPDCAサイクルと言えばイメージしやすいでしょう。

二つ目の「知識創発のメカニズム」とは、多様な主体の協働を通して知を交換・淘汰する中でより抽象レベルの高い知を生み出し、そこから改めて具体的な知恵を生み出す仕組みです。
高度化、複雑化した現代社会では、ひとりの知恵で解決できるような問題はほとんどありません。
だからこそ、多くの知恵を集め、そこから新しい知を生み出し、具体的な行動に変えられる力を持つ人が求められているのです。

知識創発研究所では、このような学習コミュニティの設計・構築・マネジメントに関するノウハウを活用して、

1. 大学における学習コミュニティ構築するためのカリキュラム改革とそれをマネジメントするコーディネーター型教員の育成
2. 企業における創発型戦略を生み出すコミュニティと創発型ミドルマネージャーの育成

に取り組んでいます。

Phase 1 探査型仮説推論による知識創造

KE_phase1

Phase 2 協働と淘汰を通じた知識創発

KEsystem

©  株式会社知識創発研究所 All Rights Reserved.
PAGE TOP