組織開発セミナー 「学ぶ職場」ゼミ 

学ぶ職場」ゼミは、大阪産業創造館で低価格で受講していただくことができます。

エッセンシャル版:稼ぐチームを育てる「学ぶ職場」のつくりかた

1. “稼ぐチーム”の条件

チームとしても個人としても成果責任を果たすための工夫改善が自らできるようになるために必要な条件を学びます。

2. チームが育つ仕組み

個人の成長だけではなくチームとして成長するための、場の設計とマネジメントの手法を経験学習理論や場のマネジメント理論をもとに解説します。

3. ケース学習

チームが成長しやすい環境をつくるための手法について、ケース教材を用いて議論します。

4. 振り返り

このセミナーの後、自社でどのようなことに取り組むべきかを考えます。


完全版:稼ぐチームを育てる「学ぶ職場」のつくりかた

第1回目 チームが成長する仕組み(1)

  1. チームの成長とは
    人の能力が発揮されやすいチームの環境作りについて、学習理論を踏まえて学びます。
  2. 利益責任の明確化と向上
    現場スタッフ、管理者、経営者のそれぞれにとっての利益責任を明確にし、それらを高めるための基礎知識を学びます。
  3. 稼ぐチームを考える
    営業/経常利益を上げる工夫や改善が継続できるチーム作りに必要な考え方とマネジメント姿勢を学びます。
  4. チームが成長する三つの原則
    ①相互作用、②認知的コンフリクト、③形成的評価という三つのプロセスを日常のマネジメントに取り入れる手法を学びます。

第2回目 チームが成長する仕組み(2)

  1. アクティブラーニングと経験学習の仕組み
    人が自ら能動的に学ぶアクティブラーニングの仕組みと、それがうまく機能するためのプロセスについて学びます。
  2. 形成的評価ツールとしての日報の設計と活用業務報告や管理のためではなく、スタッフが自ら能動的に学ぶためのツールとして日報の設計について学びます。
  3. 成果目標から行動目標へ意識を変える質問手法
    管理者が現場スタッフの仮説検証を支援するための質問手法を学びます。

第3回目 チームが育つための支援

  1. 人材の成長を促すプロセス
    ①知的能力、②社会的能力、③思考行動特性の三つの能力が伸びる状況と、それを促す支援の方法について学びます。
  2. ケース学習
    実際の日報をもとにしたケース教材を用いて、管理者としてどのような支援/問いを与えることがチームメンバーの成長に繋がるかを学びます。
  3. 問いの立て方
    ①事実関係、②証拠と論拠、③今後の改善の使い方を学びます。

第4回目 進捗モニタリングの手法

  1. 進捗管理のモニタリング
    モニタリングには①進捗管理のためのモニタリングで重要な仮説の精度を高めるための手法を学びます。
  2. ロールプレイ
    実際の営業社員の例をもとにしたケースを用いて、1対1の進捗管理モニタリングで、どのような支援/問いが適切であるかを議論します。

第5回目 学びを促進するモニタリング

  1. 学びを促進するモニタリング
    学びの促進のためのモニタリングで有効なモチベーションの変化とその原因を深掘りする面談手法について学びます。
  2. モニタリング演習
    「モチベーショングラフ」を用いた面談を実際に行い、どういったモニタリングが効果的であるかを議論します。

第6回目 成果確認と今後の活動

  1. 成果共有
    宿題シートを元に現場での取組の内容と成果を共有します。
  2. 学ぶ職場づくりのポイントの再整理
    学ぶ職場が作られるプロセスを再整理しつつ、そこでの管理者の役割を学びます。
  3. 今後の活動のために
    このゼミの学びを振り返り、さらに「学ぶ職場」になるための具体的なアクションを考えます。

 

©  株式会社知識創発研究所 All Rights Reserved.
PAGE TOP