地域商社は「ならでは」を生かしてこそ

「いまある経営資源で明日から使える販路開拓戦略」 と題して、三重県尾鷲市から、「夢古道おわせ」の支配人 伊東将志さんにお越しいただいた。 伊東さんは、2007年から「夢古道おわせ」で、まちづくりにつながる事業をコツコツと積み重ねてきた。 「誰もがすぐ潰れると言った施設」に小さなイノベーションを次々と起こし、大きな背変革につなげてきたプロセスの裏話を隠すことなく伝えていただいた。 「夢古道おわせ」では「お母ちゃんのランチバイキング」というが名物になっている。 個々は単に料理を提供するための場ではないと伊藤さんは語る。 集落全体が活力を取り戻し、存続できるようになる ために、様々な仕込みをしている。 それを表現する言葉が 「ならでは」 その土地ではありふれたもの、地域の食文化を、顧客が遠くから来る理由と考え 「素人のお母ちゃんたち」が活躍できる場に価値を見出して創ってきたという。 更には、いつか起こりうる災害時に備えて、5人のお母ちゃんで100人の大人をお腹いっぱい食べさせられるスキルを身につけるといったことも仕込んでいる。 ほかにも 「しらぬまに」、「成功事例の共有」、「たしかに存在している」 といったわかりやすいキーワードと、尾鷲での具体的な事例をもとに、「地域取捨」に必要な仕掛けを語っていただいた。 尾鷲での事例の紹介を通して、地域の事業者である参加者の皆さんに対して、

失われつつある地域の資源 宝物 その置かれている厳しい現状こそ 挑戦するべき課題であり そこにソーシャルビジネスの種がある

誰もが匙を投げるほどの課題 それが大変であればあるほど ひっくり返した時のインパクトは 大きい

というメッセージをいただいた。 地域がイノベーションの宝庫である理由の一端が理解できる講座になった。 本当にありがとうございました。

(おまけ)前回と同じSAで牛串焼きを食するとおじさん二人。お約束・・ということで。 ` エ)♪

]]>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP