この企業で自分が成長できるイメージが持てない という点。 だったら、若者が成長を実感できる企業になればよい。 少々短絡的ではあるが、あながち間違ってもいないだろう。 若者が成長を実感できる企業に必要な要素は、職場学習が進む企業と同じ。 要素を挙げるとすれば

  1. 挑戦的なことに取り組んでいる
  2. 日々の体験に対する適切な振り返りがある
  3. 従業員が安心して、かつ楽しんで様々な事業に取り組める
というところ。 それができる企業を増やすためにも実践型インターンシップは効果的。 後は、様々な立場の人が、自分もステークホルダーであるという自覚を持って行動してくれれば、街ぐるみでおもしろい事業と人材を生み出すことができるようになるかもしれない、 大阪はまだもう少しかかりそうだが、それでも一歩ずつ歩みを進めていけるように、手伝える部分は手伝ってゆきたいと思う。 ]]>