結論だけ書くと、場の設計としてカリキュラム設計があり、その中で、局所的な相互作用、認知的コンフリクト、変容的評価の三つを活用する(Harnessing)ことで、ラーニングコミュニティが創発されるというものだ。
これは授業形態を論じるものではなく、より深い意図を持ったアクティブラーニングの実践を促すものだと考えている。
異論もあることと思う。
ぜひ、そのあたりはご教示いただきたい。
論文のダウンロードは >> こちら]]>