大学のCOC+事業の一環で、地域の企業の皆さんに

「将来の利益」のための人材戦略

と題して、大卒人材の採用と育成について考えていただくセミナーを開催した。 2時間という限られた時間の中で
  • 「将来の利益」を生む人材を採用するために求職者に求める仕様と伝えるべきことを明らかにする
  • 「将来の利益」を生む人材を育成するためのポイントを理解し、自社への応用を考える
ことを目指して、少し無理があるのを承知で
  1. はじめに ・・人材とはなんのために必要なのか
  2. マクロ環境をふりかえる
  3. 学生の意識 −2019年卒マイナビ大学生就職意識調査より
  4. 「将来の利益」を生み出す人材の採用 &【ワーク】人材採用の仕様を考える
  5. 「将来の利益」を生み出す人材の育成 &【ワーク】職場学習レベル診断
と、かなり盛り沢山な内容にした。 主題としては、
  • 大卒人材を自社の成長/革新の担い手にしよう

  • 自社の成長/革新の道筋と採用/育成をリンクさせ、自社に必要な人材の仕様を明確にしよう

という点を強調し、学生の意識や、キャリアセンターの活用法などについても、かなりマニアックかつリアルにお話した。 ご参加いただいた皆さんからは
  • 学生に対する訴求ポイントがわかりやすい
  • 具体的な事例が多く、また利用できるレベル診断なども参考になった
  • 利益を継続的に生み出す人材像というものを自分にも置き換えて考える機会になった
といった感想をいただき、事後アンケートでは、とても満足・満足との回答が92%となった。 単なる人手ではなく、「企業の成長や革新の担い手としての大卒人材」という認識を地域の中小企業にも、どんどん広げていきたい。 ということで、このセミナーは、来年もぜひ開催したい。