CAS(複雑適応系)とは

CAS(複雑適応系)とは

複雑適応系とは、

環境に適応しようとするエージェントからなる複雑性をもった系で、 系自体も環境に対して適応的なもの

を指します。 人間の組織やコミュニティの文脈で言えば、

参加者自身が周囲の環境から学び適応するコミュティや組織で、 そのコミュニティや組織も外部環境から学び適応する

ということになります。

複雑適応系は、

多様な要素の相互作用があるという意味で「複雑」と呼び、
経験から学び自分自身を変化させていくという意味で「適応的」であるとしています。

そこでは、多様性の程度、相互作用のパターン、淘汰の流れによって、システムがどのように動くかが変わっていきます

これらをうまく制御することで、環境変化に適応して良い成果を出す組織やコミュニティになるように介入することができます

PAGE TOP