Seminer

CASマネジメント研修 組織編

刻々と変化する経営環境の中で、ビジネスのライフサイクルはどんどん短くなり、いかに新しいビジネスを生み出すかが企業の成長発展に大きく関わるようになっています。
そのために、顧客に一番近い現場の社員が、日々の業務の中で得られた経験を元に、自ら考えて業務を改善する仕組みが必要になります。
それは国連で進められているSDGs(持続可能な開発目標)の最も重要な概念である「コレクティブインパクト(協働による課題解決)」にもつながり、社会との価値共創の原動力となります。

CASマネジメント研修組織編では、CASマネジメントの具体的な手法である、

  • 効果的な振り返りとサポート
  • 日報や面談の仕組みづくり
  • 日常業務のプロジェクト化
  • 協働を生み出すファシリテーションとガバナンス

といった取り組みを、普段の業務の中で実践することで、自ら進化する創発型組織の基礎を構築します。

導入 セミナー

標準時関数 3時間
複数企業×経営者・幹部、管理者、現場スタッフの多階層での合同開催をおすすめします

創発型組織の基礎づくり 職場学習入門セミナー

継続的に新たな価値を生み出す組織の基礎となる、学習が進む職場環境の構築手法を学びます。

職場学習の基礎知識

  • 利益を生む人材と職場環境
  • 利益を生む人材と組織を育てるには
  • 「現在の利益」と「将来の利益」
  • 「将来の利益」を生み出す人材と組織の育て方
創発型組織の担い手づくり 協働型マネージャー入門セミナー

継続的に新たな価値を生み出す組織づくりの中核となり、部署間、企業間、企業と地域の間の協働を促進し、自社と地域・社会の持続的な発展を生み出す協働型マネージャーの養成方法を学びます。

協働型マネージャーの基礎知識

  • 協働を促進する環境
  • 協働を促進するファシリテーション
  • トップとボトムの協働
  • 協働型マネージャーの機能と役割

連続講座

創発型組織づくりの実践 職場学習実践研修

継続的に新たな価値を生み出す組織づくりのために、「現在の利益」の向上を目指すプロジェクトの実践を通して、職場学習が進む組織づくりに取り組みます。

標準時関数 3時間×5回
複数企業×経営者・幹部、管理者、現場スタッフの多階層での合同開催をおすすめします

CASマネジメントと職場学習の基礎理論

  • CASマネジメントの基礎理論
  • 「職場学習レベル診断」
  • 組織が育つ三原則
  • 質の高い職場学習の環境づくり

業務プロジェクトの実践に

  • 業務のプロジェクト化
  • 人が育つプロセスと形成的評価
  • 学びを促進する日報と面談
  • 効果的なふりかえり
  • 組織学習と協働の促進

仮説検証と協働が進む職場づくり

  • 学びと成長の促進
  • 仮説検証が進みやすい組織づくり
  • 管理から協働の促進へ
  • 計画と創発
  • 創発的戦略へのステップ

企業内研修

3時間から18時間の範囲で、個別の状況に合わせた研修プログラムを設計・実施します。

価格表  お問い合わせ

参加者の声

  • 全体のプロセスの順序を知れ、現在の自分を客観視することができた。(サービス業・管理職)
  • 様々な施策が動き出す原動力になりました。(サービス業・管理職)
  • とてもわかりやすく説明していただき、計画を実行しながら進めたことが一番良かったです。(エステサロン・経営者)
  • 今やっていることの、どこをどう変えたら良いかがわかり、シートを使ってすぐ実行できる(サービス業・経営者)
PAGE TOP